アレヴォレックとは

最高のアイデアはニーズ(需要)とパッション(情熱)の接点から生まれる。

仕事に誠実かつストイックになることで、アイデアは素晴らしいものやイベントへと生まれ変わるもの。まさしくアレヴォレックもこういったコンセプトから誕生しました。ある日、当社の創設者兼社長のアドリアンナ・ヴォウチックの父親は自宅でパンを焼こうと思い立ち、香ばしくて外はパリパリ、見るからにおいしそうでヘルシーなパン作りを始めました。ところが、彼が用いたパンの保存方法では、残念ながらせっかくの焼きたてのパンのおいしさが早くなくなってしまっていたのです。アドリアンナは父の役に立つべく意を決して、針と糸による裁縫の技術とリネン(亜麻)の特質を組み合わせることで、パン袋を初めて作りました。麻はパン類の保存にはぴったりの素材で、型崩れもせず、それからずっと実家のキッチンになくてはならないものとなっています。

手早く裁縫することが自分のライススタイルとなり、その後新しいメンバーも加わることで、斬新なアイデアや新しいトレンドが生まれました。ささやかな個人経営の麻工房が毎日慌ただしいアトリエへと変身したのです。こうして、2012年にアトリエADKAとアレヴォレックという名のブランドを立ち上げました。

何かアイデアをお持ちですか? 針と糸で解決しましょう。

アトリエADKAはポーランド語の頭文字を取って芸術肌(Artystyczna)で、正確(Dokładna)で、想像力豊かな(Kreatywna)アドリアンナ(Adrianna)から名付けました。アドリアンナは創業者兼社長のファーストネームで、組織にとっての脳と心臓のような存在。自信と共に美貌も備え、麻を愛し、麻の力を信じながらこれまでにない製品を創作することでビジネスの世界に進出。ファッション業界での流行に敏感で、優れた戦略家。

日々の仕事では息の合ったチームに支えられ、創作の要となる生地へのこだわり・知見、美しくて長持ちする物を作る必要性、環境への配慮、プラスチックゼロ、そして麻製品への心からの信頼をチームのメンバーと分かち合っています。

個人での注文をしっかりとさばいていくことが今後の試練なのですが、自分に試練を課すことは大好きです!スタンダードな製品の各種袋・バッグに加えて、縫ったり、刺繍をしたり、プリントを施したりしてお客様のアイデアを実現させます。

パン袋:毎日パンを買う暇のない奥さま、自家製のパンを焼く方、何をどのように食べるかに気を配ってエコライフを実践している方、パン屋さんで買ったパンなどの保存方法に気を付けている方など。

巾着リュック(エコ革仕様):町を歩き回る際に両手をフリーにしておきたい方。

ロゴ付き袋・バッグ:現在ビジネスを展開中のメーカーからヨーロッパ全土をマーケットにしている巨大企業まで。会社の規模を問わずお客様の希望に沿って縫い上げます。

当サイトには袋・バッグ、ラッピング、アクセサリーなどがあります。フッターにある「企業の方へ」のタグでは卸売用の質問フォームを設けてあり、「ブログ」のタグでは当社に関するこれまでの出来事や工房の風景を垣間見れます。手作りにこだわるクラフト雑貨のファンには「ショップ」にて数分足らずで当社の製品をご購入いただけます。何かわからないことがあれば「FAQ」のよくある質問と答えのセクションでお探しいただけます。